簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > ABC検診(胃がんリスク分類)

がん検診コース

ABC検診(胃がんリスク分類)

胃がんの原因ピロリ菌

1994年に国際がん研究機関(IARC、WHO)はピロリ菌が胃がんの原因であると認定。
さらに、2014 年の勧告では、ピロリ菌の除菌が胃がんの予防になること、そして血清ペプシノーゲンが胃がんのリスクの指標となると認められました。

ABC検診(胃がんリスク分類)とは

血液検査でピロリ菌に対する抗体と、胃の炎症や萎縮の度合いを反映するペプシノーゲンを測定し、その組み合わせから胃がん発生のリスクを分類し評価する検診です。

check_8.jpg

検査方法

血液検査

検査時間

10分

料  金

4,000円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.