簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査)

成人病ドック

LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査)

LOX-indexについて

LOX-indexは動脈硬化の進行から将来の脳梗塞、心筋梗塞の発症までを予測できる新しい検査です。

⇒ (詳細はNKメディコHP https://www.nk-m.co.jp/project/lox-index/)

脳梗塞・心血管障害の発症リスクを予測

血液中に隠れている動脈硬化を引き起こす原因物質「変性LDL」と「LOX-1」の量を調べます。
sLOX-1(可溶性LOX-1:血中に放出されたLOX-1)とLAB(LOX-1 ligand containing ApoB)を測定し、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを判定します。
画像検査やCAVI/ABI検査では、動脈硬化が進行しないと脳梗塞を見つけられませんが、LOX-indexでは動脈硬化が進行する前の段階で脳梗塞のリスクを調べることができます。

動脈硬化が怖いのは症状を自覚してから時間がないというところです。
生活習慣の改善で比較的予防できる疾患ですから、早めにリスクを知ることが大切です。

check_1.jpg

検査方法

血液検査

検査時間

10分

料  金

12,000円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.