簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査

認知症ドック

MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査

軽度認知障害(MCI)について

軽度認知障害(MCI)とは、認知機能に問題があるが、日常生活には支障がない状態です。
適切な予防を行わずに過ごすと5年で半数以上の方が認知症に進行すると言われています。

MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査について

アルツハイマー病などの認知症の前段階でもある軽度認知障害(MCI)のリスクを判定する検査です。
アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。
MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査では、アミロイドベータペプチドを排除する機能を持つ血液中の3つのタンパク質を調べることで、軽度認知障害(MCI)のリスクを判定します。
 ⇒ (詳細はNKメディコHP https://www.nk-m.co.jp/project/mci_screening/)

軽度認知障害(MCI)は早期発見により生活習慣病を改善すれば、認知症発症を防ぐことや遅らせることもでき、健康状態へ戻ることができると言われています。
現在、認知症は症状の進行を一定期間防ぐ薬はあるものの、根本的な治療薬は未だ開発中です。
大切なのは発症後の治療ではなく、 発症前の予防です。

check_3.jpg

検査方法

血液検査

検査時間

10分

料  金

18,000円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.