簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > 内臓脂肪の測定

成人病ドック

内臓脂肪の測定

内臓脂肪とは

体脂肪のうち、内臓の周囲に付いた脂肪のことです。
大量になると、高血糖・脂質異常・高血圧などの生活習慣病発生リスクが高くなると考えられています。

年齢とともに内臓脂肪がつきやすくなる

年齢とともに体形は変化し、脂肪がつきやすい体になっていきます。
これは基礎代謝量が減っていく為で、以前と同じ生活運動をしていても消費カロリーが少なくなってしまうからです。

内臓脂肪が増えると

太りやすく痩せにくくなり、悪玉菌が増え不健康な体になってしまいます。

内臓脂肪測定のメリット

内臓脂肪の面積を正確に把握することで、しっかりした対策を立てることが出来ます。

check_2.jpg

検査方法

CTによる撮影

検査時間

10分

料  金

3,000円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.