簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > 大腸ドック

がん検診コース

大腸ドック

大腸がんの予防のために

近年、高タンパク、高脂肪食の摂取など食生活の欧米化に伴い、男女ともに大腸がんが増えています。
大腸がんの早期発見のために最も有効な方法は大腸内視鏡検査です。
また、大腸内視鏡検査により、ポリープを発見し、治療することで大腸がんになる事を予防できます。
※この場合、通常の保険診療になりますので、健康保険証は必ずお持ち下さい。
大学病院から派遣された熟練した医師により、短時間で詳細な検査を行います。

大腸がんについて

近年大腸がん(結腸がん+直腸がん)は著しく増加傾向にあります。
早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると症状が出ることが多くなります。
2017年統計で大腸がんは女性の死因第1位、男性の死因第3位でした。
早期に発見するために、定期的に検査を受けることをお勧めします。

check_4.jpg

検査方法

内視鏡検査

検査時間

60分

※火・水曜日が検査日となっています
※事前に来院頂き採血及び検査の説明をさせて頂きます(約30分)

料  金

16,000円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.