簡易ドックについて

ホーム > 簡易ドック > CAVI、ABI、血圧、血管年齢を検査

成人病ドック

CAVI、ABI、血圧、血管年齢を検査

CAVI、ABI、血圧、血管年齢を検査

生活習慣病などを起因とする軽症の動脈硬化症から、虚血性心疾患や脳血管障害などの重症の動脈硬化症まで、幅広い患者において、動脈硬化の程度を定量的に見ることができる指標です。

ABIとは(血管の詰まり具合:上腕と足首の血圧比)

下肢動脈の狭窄・閉塞を評価する指標です。

血管年齢とは

血管のしなやかさ・硬さを基準にした血管の年齢のことです。

動脈硬化とは

血管が硬くなる事です。
血管が硬くなると血液の流れが悪くなり、血管にコレステロールの塊(プラーク)ができ、血管の中が狭くなったり詰まったり、また粥腫が血管から剥がれて血液中を彷徨うと、細い血管を詰まらせ心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

check_c1_1.gif

検査方法

血圧脈波検査装置による検査

検査時間

30分

料  金

1,500円

診療時間

  • 平 日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

    午後14:00~17:00

    (最終受付 16:30)

  • 土曜日

    午前9:00~12:00

    (最終受付 11:00)

  • 休診日

    土曜日午後、日曜日、
    祝祭日、8/14~8/16、
    12/30~1/3

簡易ドックのご案内

気になる項目をピンポイントで検査します。

健康診断のご案内

受診できる健康診断の種類や
流れをご紹介します。

入院のご案内

入院に関する情報やご面会の
時間などご覧いただけます。

このページの先頭へ

© 2014 Kushida Hospital All Rights Reserved.